バナー

iPhoneを使って実況中継を行なう

基本的な電話機能や電子メール機能がよく出来ていて、ソフトウェアキーボードが使いやすいiPhoneは、インターネット接続などに長けているスマートフォンです。

インターネットでは、多彩なサービスが展開されていますので、様々な使い方が出来ます。

人々がネットサービスで利用しているサービスの一つが実況中継です。

iPhoneにはカメラ機能が搭載されていますので、カメラ機能で動画を撮影出来ます。

また、専用アプリを使う事で実況中継を行なう事も可能です。

実況中継を行なうには、予め、実況中継タイプの動画投稿サイトに会員登録を行い、サービスが使えるようにしておく事が大切です。



iPhoneは、スタイリッシュで軽量な端末ですので、様々な所に持って行って使うことが出来ますので、動画投稿サイトで投稿したい映像をタイミング良く撮って、配信することが可能です。


バッテリー持続時間が長めですのえ、長時間の撮影にも向いていますが、モバイルバッテリーも一緒に持ち運びますと、いつでも充電が出来て便利です。



持ち運んで撮影する場合には、衝撃から守る為にケースが必要になります。

iPhoneを使う事で、撮りたい映像を撮る事が可能ですので、ベストショットを狙って撮影を続けると良いでしょう。



但し、ネット回線はLTEを使っている事が多いですので、キャリアが設定している帯域制限には気をつけておくべきでしょう。


容量を超えますと、大幅に速度制限されるからです。